薄毛に良いシャンプーの選び方と方法

MENU

薄毛改善に大切なシャンプー選び

薄毛を改善するには、適したシャンプーを使うことと正しいシャンプーを行なうことが大切です。

 

シャンプーには、

 

薄毛改善に大切なシャンプー選び

  • アミノ酸系
  • 高級アルコール系
  • せっけん系

 

などがありますが、
頭皮が敏感な方や頭皮トラブルの予防にはアミノ酸系がおすすめ!

 

シャンプーの選び方は、使用して見て頭皮に乾燥やつっぱりを感じないかで判断できます。

 

肌質にあったシャンプーを適切に使用することで、頭皮環境を良好に保ちましょう。

シャンプーの種類と選び方

シャンプーは頭皮の状態に合わせて選ぶことが大切です。

 

薄毛や抜け毛が気になると、「髪のボリュームが気になる方へ」とか「コシやハリをよみがえらせる」などと宣伝文句のあるシャンプー剤を選びがちですが、基本的にシャンプーには発毛を促す効果はありません。

 

シャンプー剤には大きく三つのタイプに分けられますが、頭皮に合ったものを選ぶことが基本となります。

シャンプーの種類と選び方

 

いくら髪の毛の指通りが良くなっても、頭皮の状態が悪くなるシャンプーは使用するべきではありません。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸から作られる合成界面活性剤が主成分となるシャンプーです。

 

頭皮への負担が少なく、時間をかけて丁寧に洗うことが必要です。

 

洗浄力はやや弱く、低刺激なのが特徴で、頭皮が乾燥気味の人や、頭皮トラブルがある人に向いています

 

合成のものと天然のものがあり、アレルギー体質の人や頭皮トラブルがある人は天然ものの方が安心ですね。

 

弱酸性のものがこのアミノ酸系シャンプーの中でも特にお勧めです。

 

高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーでは最も種類が多いのがこの高級アルコール系のシャンプーです。

 

鉱物油や動植物の油脂などから作られる合成界面活性剤を使用しています。

 

泡立ちに優れますが、地肌に残ると頭皮トラブルの原因になりやすいので、よくすすぐことが必要です。

 

洗浄力は高く、皮膚や髪に対する刺激も強いです。

 

頭皮がオイリーな人に向いており、天然系と石油系がありますが、
石油系は刺激が強いので、肌が弱い人には不向きだといえます。

 

せっけん系シャンプー

脂肪酸ナトリウムなどから作られる合成界面活性剤を使用しています。

 

毛穴の汚れまでしっかりと落とすことができます。

 

せっけんのカスが頭皮や髪に残りやすいので、しっかりとすすぐことが必要です。
洗浄力は高いですが、頭皮への刺激は少ないです。

 

頭皮が正常からオイリーな人に向いていますが、アルカリ性の為、髪のパサつきやきしみを誘発しますので、髪の長い人には不向きです。

 

 

シャンプーを選ぶ時の注意

シャンプーが頭皮に合っているかは、シャンプー後に頭皮が乾燥にもオイリーにも傾かない状態を保てるかで判断します。

シャンプーの種類と選び方の注意

 

また、かゆみやフケが出た等の変化があれば、シャンプーが頭皮に合っていないサインでもあります。

 

髪の長さを変えるだけでも、今まであっていたシャンプーが合わなくなることもありますので、シャンプーの使用感には敏感に反応するようにして下さいね。

正しいシャンプーの方法

髪と頭皮を清潔に保つことは、脱毛予防には絶対不可欠の条件です。

 

頭皮の汚れを放置しておくと、頭皮の皮膚呼吸を阻害し、また頭皮の雑菌の繁殖を促進し、ふけやかゆみなどのトラブルを発生させてしまいます。

 

シャンプーすることで髪が抜けるとは思わずに、美しい髪が生えてくるために正しいシャンプーをきちんとしましょう。

 

正しいシャンプーの方法とは!?

 

1.髪と頭皮を温水で充分に濡らします。

 

2.シャンプー剤を500円玉程度の量で、手のひらにとります。
そして両手のひらの指先にシャンプー剤を伸ばします。

 

3.シャンプー剤を頭皮の数か所に指の腹で塗りつけます。
シャンプー剤を前もって薄めたり泡立てたりする必要はありません。

 

4.爪を立てないように、指の腹で優しく頭皮全体を洗います。
頭皮全体で30秒以内が目安です。このときに、シャンプー専用のブラシ等は、力を加減できず頭皮を傷つける恐れがあるので使用しません。
耳の裏は皮脂がたまりやすい部分ですので、少し念入りに洗うようにしましょう。

 

5.シャンプー剤が残らないよう、念入りにすすぎます。

 

以上の行程です。
シャンプーとは頭皮を洗うことであって、毛髪を洗うことではありません。

 

毛髪には皮脂は出ませんので、整髪剤を多量使用した等の場合以外は、頭皮を洗浄したシャンプー剤とお湯が流れるだけで充分にきれいになります。

 

毛髪を摩擦することでキューティクルが傷つきますので、毛髪をこすり合わせるような洗い方はしないで下さい。

 

正しいシャンプの方法

また、洗浄剤であるシャンプーが髪に残ったまま、頭皮や髪に日光やドライヤーの熱が当たると、非常に大きなダメージを与えることになります。

 

少し神経質なくらいに、すすぎは念入りに行いましょう。目安は2分間です。