睡眠の質と薄毛の関係

MENU

睡眠の質が薄毛に影響する!?

健康や美容のためには、質の良い睡眠を摂りましょう。

 

という話を見聞きされたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

睡眠には「良い睡眠」と「悪い睡眠」とがあり、良い睡眠、即ち、質の良い睡眠を摂ることで、健康にも美容にも良いのです。

 

睡眠の質が薄毛に影響する!?

そして、この
質の良い睡眠というのは薄毛の予防や改善にも繋がります

 

適切で良質な睡眠をとることで、髪の健康な成長を促すことができますので、睡眠の質を向上させて、細胞分裂を促し髪を成長させるホルモンを活性化しましょう。

良質な睡眠は何故、薄毛を予防・改善できるの!?

髪は毛母細胞が分裂することでつくられますが、その細胞分裂のピークは夜9時ごろと言われています。

 

ですから、この時間帯はできるだけ体を休めて、頭部に血流が流れるようにする方が良いでしょう。

 

しかし、現代人の生活においてこの時間帯にゆっくりと休むことができる人はそんなに多くはありませんね。

 

ではどうすれば良いのか?

良質な睡眠は何故、薄毛の予防・改善に繋がるのか?

 

休息や睡眠の時間に深く体を休めることができるように、
日頃から1日30分から1時間は運動をする習慣をつけ、全身の血液循環を良くしておきましょう。

 

良質の睡眠をとることが質のいい髪を作ることにもなるのです。

睡眠の質を上げると髪の成長も活発になります!

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠の二種類があります。

 

睡眠中はその二つの睡眠が交互にやってきます。

 

■レム睡眠では体は休んでいますが脳が起きている状態
■ノンレム睡眠では脳も休息状態

 

にあります。

 

相互の睡眠の移行がスムーズで、体も脳もしっかり休息をとれるのが質の良い眠りということができます。

 

髪にとって重要な睡眠の中でも、特に重要なのはノンレム睡眠です。

 

特に入眠後最初にやってくるノンレム睡眠の時に、髪の成長に必要な成長ホルモンが最も多く分泌されるのです。

 

髪に関する成長ホルモンも他のホルモンと同様、加齢に伴い減少していきますので、年齢を重ねるほど睡眠の質にしっかりこだわることが薄毛の予防にもつながると言えます。

 

必要な睡眠時間というのは個人によって異なりますので、重要なのは時間ではなく質ということになりますが、
最低5から6時間は必要だといえます。

 

睡眠の質を上げると髪の成長も活発になる

充分な睡眠をとることはストレスの軽減にもつながり、ストレス耐性も強くなります。

 

また、睡眠不足が長期間続いてしまうと、毛母細胞の細胞分裂が低下しやすくなり、頭皮の血流も悪くなりますので日頃から良質な睡眠を摂るよう心掛けましょう。