薄毛を促進させる環境とはどんなものがある!?

MENU

薄毛を促進させる環境とは!?

薄毛を促進させる環境として、

 

薄毛を促進させる環境とは!?

  • 頭皮に汗や皮脂が溜まった状態
  • 摩擦や熱、紫外線などの刺激
  • エアコンなどで極度に乾燥した部屋

 

などが挙げられます。

 

これらの環境はすべて毛髪に良くないため、
薄毛を促進させてしまう原因となってしまうのです。

毛髪に良くない季節はある!?

髪にとって要注意な季節は春から夏にかけてと言われています。

毛髪に良くない季節とは!?

 

■汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなること
■紫外線量が一気に増えること

 

が原因大きな原因ですね。

 

このように髪は、摩擦や熱だけでなく、紫外線からも影響を強く受け、傷つきます

 

特に紫外線は水と一緒になると影響が強く現れますので、夏場にプールや海辺に行く際には、髪がぬれたままで強い紫外線に当たらないように注意しましょう。

 

また、外出時も帽子をかぶったり、髪をまとめて髪が日光に露出する面積を少なくしたり等の工夫をするようにしましょう。

 

頭皮が蒸れた状態になるのも毛髪や頭皮にとって良くありませんし、薄毛の原因にもなってしまいます。

 

必要以上に頭皮が湿ると皮膚のバリア機能が低下してしまいますので、帽子のかぶりっぱなしはしないようにしましょう。

毛髪の敵・エアコンの悪影響

そして忘れてはならないのはエアコンの影響です。

エアコンは毛髪の敵

 

エアコンが効いた部屋は想像以上に乾燥していますので、髪の水分が非常に多く失われ、キューティクルがはがれやすくなります。

 

これが切れ毛や枝毛の原因になるのです。

 

キューティクルは外部の刺激から髪の内部組織を守るため、毛髪の表面部分にうろこ状に重なった組織です。
非常に傷つきやすく、一度傷ついたりはがれたりすると修復が不能になってしまいます。

 

健康な髪の寿命は5から7年と言われていますが、キューティクルが傷ついてしまうと寿命が短くなり、抜け毛などのトラブルを招くことがあり薄毛の原因となってしまいます