薄毛を悪化させる髪型とは!?

MENU

髪型によっては薄毛に悪影響になる場合も・・・

薄毛にお悩みの方にとって良い髪型とは、毛髪と頭皮に負担をかけない髪型を意味します。

 

薄毛の原因となる髪型とは?

  • 髪を強く引っ張る髪型
  • パーマ液やカラーリング、白髪染めの使用

 

などは、頭皮に強い負担をかけてしまい薄毛の原因になってしまう場合もありますので注意が必要です。

 

自然の毛染め液・ヘナを使用するなど髪を傷めないように美容師と相談をしながら、お洒落を楽しみましょう。

頭皮を守るためにしてはいけない髪型

どんなカットの方法でも頭皮に多大な影響を与えるということはありませんが、ポニーテールなど、髪を強く引っ張る髪型は、頭皮と毛根に非常な負担をかけます。

 

頭皮に負担を掛ける髪形とは?

頭皮や毛根に負担が掛かるということは、薄毛の原因となってしまいますので注意が必要です。

 

連日するのではないようにしたり、まとめる部分を変化させたりして、同じ部位に大きな負担がかからないようにしましょう。

パーマの髪へのダメージ

パーマは、専用の薬剤を用いて髪の毛の表面を傷つける行為ですが、自宅ではなく美容室で行われることが多いので、髪への負担を各自の努力で減らすことは難しいというのが正直なところです。

 

パーマの髪へのダメージとは

それでもパーマを掛けたいという場合には、美容院で薄毛に悩んでいることや髪や頭皮に負担を掛けたくないことを事前に伝えておくのもおすすめ。

 

髪や頭皮に全く負担を掛けずにパーマをかけることはできなくても、出来る範囲の中で最善の方法を提案してくれることでしょう。

頭皮を守り薄毛を予防・改善するための正しい毛染めの方法

カラーリングもしくは白髪染めは、髪の毛の表面を覆っているキューティクルの保護機能を傷つけて、髪に色素を浸透させる行為です。

 

このカラーリングもしくは白髪染めに使用する毛染め液は、化学薬品的な性質を持っており、使用量や新党のための放置時間を間違えると、必要以上に髪を傷め、頭皮に炎症をもたらしてしまいます。

 

その為、使用前は必ず説明書をよく読んで、扱い方に注意する必要があります。

 

毛髪は皮膚が変化してできた組織ですので、髪と肌の成分はあまり違いがありません。

 

髪の毛のキューティクルが傷つけられる時間と、酸素以外の異物が体内に入り込まないようにしている皮膚の保護機能の限界時間はほぼ同じで、個人差はありますがおよそ10分から15分となります。

 

頭皮を守り薄毛を予防する為の正しい毛染め

つまり、カラーリングもしくは白髪染めをする際に、毛染め液が頭皮に付着した状態で10分以上放置されると、頭皮の皮下組織に毛染め液が浸透してしまうと言えます。

 

頭皮の皮下組織に浸透した毛染め液は不純物として蓄積され、
脱毛症の原因となってしまいます。

 

また、頭皮に付着してしまった毛染め液が十分に洗い流されずに残ってしまうと、
炎症の原因になります。

 

美容院では、肌に直接染料がつかないように頭皮や生え際にオイルやクリームを塗るところもありますから、ご家庭でカラーリングもしくは白髪染めをする時には、頭皮に毛染め液が付着しないように十分に注意し、万一ついてしまった時は、迅速に拭き取るようにしましょう。

 

そして、洗い流す時も念入りに丁寧に行い、頭皮にも毛髪にも毛染め液が長時間ついたまま放置されることがないようにしましょう。

 

カラーリングもしくは白髪染めのたびに頭皮に毛染め液が付着する行為が繰り返されると、深刻な脱毛症を生じさせてしまいます

 

パーマも一般の化学製品であるカラーリングも髪を傷めている行為には変わりがありませんので、普段使用するシャンプー剤に十分留意し、頭皮に優しい製品を選択するようにしましょう。

薄毛にお悩みの方にもピッタリ!ヘナによるカラーリング

科学薬剤が不安な方のカラーリングとして、「ヘナ」の選択もあります。

ヘナによるカラーリング

 

ヘナインドでは万病を治す薬として重用される薬草です。

 

インドやパキスタンなどの西南アジアから北アフリカにかけて広く自生している草で、葉を乾燥させて粉末にしたものが毛染めに用いられるヘナとなります。

 

日本では、髪本来の力をよみがえらせる天然の毛染めとして使用されています。

 

ヘナは髪を酸性に保たせますので、すぐにトリートメントをしなくても、頭皮が乾燥した状態になったり頭皮から急激な皮脂が分泌されたりしないのです。

 

使い続けることで、白髪の予防や切れ毛や抜け毛が治ったり、頭皮のトラブルが減少したりすることが報告されています。

 

また、ヘナの効果を持続させるためには、カラーリング後、24時間はシャンプーをしないことが推奨されています。

 

ヘナは毛髪にも頭皮にも有効な成分であり薄毛にお悩みの方にもピッタリですので、4週間を目安に再度使用するのがお勧めです。