薄毛と女性ホルモンには深い関係が・・・

MENU

薄毛の原因と女性ホルモンの関係

40代以降の女性に多い髪の悩みとしてよく挙げられるのが

 

    女性の薄毛と女性ホルモンの関係

  • 髪のハリやコシの減少
  • 髪のパサつき
  • 髪が細くなった
  • 髪が薄くなってきた

 

などですね。

 

女性の髪の加齢による変化には、血流が悪くなることと女性ホルモンのバランスが崩れることが大きく関係しています。

 

女性ホルモンとして良く知られているのがエストロゲンとプロゲステロンですが、どちらも女性らしい体つきを維持したり、妊娠や出産に大きくかかわったりするホルモンです。

 

そのうち、髪の毛の保持に大きくかかわるホルモンとして知られているのは
エストロゲンです。

 

女性ホルモンの分泌は20歳代がピークとなり30歳を過ぎると徐々に減少し、45歳から55歳の間に平均して迎える更年期で、急激に減少します。

 

このエストロゲンの分泌量減少こそが、女性の薄毛の大きな原因となってしまうのです。

エストロゲンの変化による髪の変化

エストロゲンが髪に与える影響を年齢別に見てみましょう。

 

年齢別に女性ホルモンと髪の変化を見てみよう

 

年代

 

女性ホルモンと髪の変化

20代

女性ホルモンの分泌量は頂点となり、髪の状態も良好です。

30代

女性ホルモンの分泌量は、そこまで減少しないものの徐々に髪の毛にうねりが出てくる人が増えます。

 

髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうために起こる現象で、指通りが悪くなり、きしみが出てくる人もいます。

40〜50代

髪の一大変化を迎える時期です。

 

女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、更年期前後には、髪質が低下、閉経後にはさらに顕著になります。
この頃になると薄毛や白髪が目立ってくる人も増えます。

60代以降

女性ホルモンの分泌量が急激に減少した頃にも慣れ、分泌量も大分少なくなる60代以降は髪の加齢による変化は一層顕著になり、頭皮の乾燥が加速します。

 

個人差が多く出る時期で、薄毛が目立つ人と健常毛を維持する人に分かれる時期でもあります。

 

上の表を見て頂くと分かりますが、女性の薄毛を始めとした髪の変化は女性ホルモンの分泌量と深い関係があるのです。

 

エストロゲンの変化による髪の変化

年代に関していえば、あくまでも目安となってしまいますが、
女性ホルモンの分泌量が減少することで薄毛を始めとする髪のトラブルが起こりやすくなっていきます

 

薄毛を深刻化させない為にも、早いうちから対策を取られることをおすすめします。