加齢による薄毛・脱毛と円形脱毛症の違いってある!?

MENU

加齢による薄毛・脱毛と円形脱毛症の違いって!?

女性の薄毛や脱毛の原因の一つに加齢がありますが、円形脱毛症も同じなのでしょうか?

結論からいうと、女性の薄毛や脱毛と円形脱毛症というのは全く異なるといえます。

加齢による女性の薄毛・脱毛と円形脱毛症の違い

円形脱毛症一部のみの髪が円形に抜け落ち、半年くらいで自然治癒します。

 

毛髪だけでなく、まゆ毛や体の毛が抜けることもあり、固まった部分のみが抜け落ちるのが特徴です。

 

では、もう少し詳しく見ていきましょう。

円形脱毛症とは!?

円形脱毛症は、その名の通り円形の脱毛が起こる病気です。

 

成長期の一定範囲の毛髪が一斉に細胞増殖を停止するため、毛幹の成長が止まり、休止期の髪に変化してしまうのです。

 

そのような状態になると、その部分の髪が一斉に抜け落ちてしまい、円形の脱毛になるのです。

 

脱毛する範囲は数ミリ程度の小さなものから、数センチに及ぶものまで様々です。

 

1か所だけでなく多発することもありますし、毛髪だけでなく、まゆ毛や体の毛も抜け落ちることもあります。

 

主な原因としては
免疫異常つまりアレルギー症状や精神的ストレスが考えられます。

 

円形脱毛症とは!?

円形脱毛症は自然に治ることが多く、大きさにもよりますが3ヶ月くらいから7カ月くらいで消滅することが多いです。

 

頭皮を清潔に保ち、軽くマッサージをするようにすると治りが早くなることもあります。

難治性脱毛症とは!?

円形脱毛症の中には「難治性脱毛症」というものがあります。

 

アトピー体質であったり、何らかの病気との合併症で起こる円形脱毛症で、治るのに時間がかかる傾向にあるのです。

 

難治性脱毛症の特徴として、頭髪の際の部分に脱毛部分ができたり、円形や楕円形ではなく不規則な形で広がる、まゆ毛やまつ毛も抜けたりするといったことが挙げられます。

 

円形脱毛ができたばかりで、普通の円形脱毛症と難治性脱毛症を見分けるのは難しいので、皮膚科医に相談するのが望ましいでしょう。

加齢による脱毛とはどのような状態をいうの!?

加齢による脱毛は、頭部全体の毛母細胞の活動性が低下し、成長期が短縮され、相対的に休止期の髪が増えてしまうことで起こる現象です。

加齢による脱毛とは!?

 

年齢に伴い薄毛が気になる・・・という方の多くがこの、加齢による脱毛が起こっているといえます。